閉じる

おすすめ観光スポット > 諏訪大社 上社 本宮の詳細情報や口コミを掲載

長野県 > 蓼科・八ヶ岳・諏訪 > 諏訪市 >  諏訪大社 上社 本宮  > 戻る

諏訪大社 上社 本宮 すわたいしゃかみしゃほんみや

諏訪大社 上社 本宮のMyリスト追加

諏訪湖の周辺に4箇所の境内地をもつ神社。

住所諏訪市中洲宮山1

現在地からルートを表示

現在地からルートを表示

※端末の位置情報を許可する必要があります

概要

神位は正一位。全国に約25,000社ある諏訪神社の総本社で、上社本宮の背後にある守屋山が御神体山となり、本殿を持たない。幣拝殿の左右に片拝殿が並ぶ、諏訪造とよばれる独特の配置。旧称は諏訪神社。通称として「お諏訪さま」・「諏訪大明神」等とも呼ばれる。諏訪大社は、上社・下社に分かれ、上社に建御名方神、下社に八坂刀賣神を祀っている。

創建の年代は不明で、日本最古の神社の1つといわれるほど古くから存在する。『梁塵秘抄』に「関より東の軍神、鹿島、香取、諏訪の宮」と謡われているように軍神として崇敬された。

諏訪大社には本殿が設けられていない。本宮は拝殿後背林(通称 御山)、秋宮はイチイの神木、春宮はスギの神木を神体とし、拝殿からそれらを拝する。なお、前宮は古くは上社摂社であった関係で本殿を有している。

本宮・秋宮・春宮には、本殿がない代わりに2つの宝殿がある。宝殿の一方には神輿が納められ、寅と申の年(12年ごと)の御柱祭で御柱建て替えと同時にもう一方へ遷座し(神殿)、古い宝殿(権殿)は建て替えられる。

社殿の周囲四隅には、御柱(おんばしら)と呼ぶ以下4本のモミの柱が建てられている。 御柱は一から四の順に短く細くなり、社殿正面右手前を一之御柱とし時計回りに配置されている。下社秋宮・春宮では御柱先端の御幣が正面(裏面は曳行により削れている)を向き、上社本宮・前宮では諏訪大社奥宮のある八ヶ岳の方向を向いている。

樹齢200年程の樅の巨木・御柱は七年目毎(六年に一度)、寅と申の年に立て替えられる(御柱祭)。

以下の二社四宮の境内が鎮座。「上社(本宮と前宮)・下社(秋宮と春宮)」があり、四社を総称して諏訪大社といい社格に序列はない。

●上社

諏訪大社 上社 本宮(ほんみや):諏訪市中洲宮山

諏訪大社 上社 前宮(まえみや):茅野市宮川

●下社

諏訪大社 下社 春宮(はるみや):諏訪郡下諏訪町下ノ原

諏訪大社 下社 秋宮(あきみや):諏訪郡下諏訪町武居

ご利益厄除け | 交通安全 | 商売繁盛 | 開運招福
ご朱印・御朱印帳 御朱印を頂く場所
社務所
初穂料・寸志:500円
駐車場あり(200台 無料 1月1日〜3日は別に有料駐車場もあり)
アクセス 公共交通JR中央本線茅野駅からタクシーで10分
最寄駅 >  茅野駅(JR)~3.539km
アクセス 車中央自動車道諏訪ICから国道20号を経由し、県道183号を神宮寺方面へ車で2km
最寄IC > 諏訪IC(中央自動車道)~3.383km 
公開サイトsuwataisha.or.jp
TEL0266-52-1919
このページに関する情報のご利用にあたっては、ご利用者自身で事前にご確認下さい。
諏訪大社 上社 本宮 1
諏訪大社 上社 本宮 2
諏訪大社 上社 本宮 3
諏訪大社 上社 本宮の投稿写真
諏訪大社 上社 本宮  1

2016/07/20投稿者の写真編集

 
諏訪大社 上社 本宮の口コミ 新着
諏訪大社 上社 本宮への書込み
評価4 4.0

日本書紀には持統天皇が勅使を派遣したと書かれている最古の神社の一つで、豊かな社叢に覆われた境内は荘厳な雰囲気をもつ神社でした

諏訪大社 上社 本宮 1-1
諏訪大社 上社 本宮 1-2
諏訪大社 上社 本宮 1-3
    2016/07/20 [1]
口コミ 諏訪大社 上社 本宮 のクチコミ情報の投稿や編集 [ 1件 ]