閉じる

おすすめ観光スポット・B級スポット・道の駅・温泉宿・海水浴場の口コミ情報を掲載

療養泉

療養泉  > 戻る

療養泉の定義と分類

泉温の温度が摂氏25度以上、または、次の8種類の成分のいずれかが、規定量(1kg中)以上に含まれることが定義されています。
 ● 水素イオン(H+) : 1mg
 ● 銅イオン(Cu2+) : 1mg
 ● 遊離二酸化炭素 : 1000mg
 ● 総鉄イオン(Fe2++、Fe3+) : 20mg
 ● アルミニウムイオン(Al3+) : 100mg
 ● 溶存物質の総量(ガス性のものを除く) : 1000mg
 ● 総硫黄(HS-、H2S、S2O3--に対応するもの) : 2mg
 ● ラドン(Rd) 111Bq (Bq=100億分の1キュリー単位)以上(8.25マッヘ単位以上)
条件を満たした場合、鉱泉分析法指針における療養泉を名乗ることができます。
さらに療養泉は溶存物質の成分と量により以下のように分類されています。
 ● 塩類泉 - 溶存物質量(ガス性物質を除く)1g/kg以上
 ● 単純温泉 - 溶存物質量(ガス性物質を除く)1g/kg未満かつ湯温が摂氏25度以上
 ● 特殊成分を含む療養泉 - 特殊成分を一定の値以上に含むもの

参考資料:鉱泉の定義と分類