閉じる

おすすめ観光スポット・B級スポット・道の駅・温泉宿・海水浴場の口コミ情報を掲載

鉱泉の分類

鉱泉の分類  > 戻る

鉱泉は泉温度や液性、浸透圧などで分類されています

鉱泉(こうせん)とは、地下からの湧水(わきみず)で、治癒成分を含んだ水のことです。
● 泉温度による分類 >鉱泉が地上に湧出した時の温度、または採取した時の温度]
冷鉱泉 25℃未満
低温泉 25℃以上34℃未満
温泉 34℃以上42℃未満
高温泉 42℃以上
● 液性による分類 >湧出時の水素イオン濃度(ph値)による分類
アルカリ泉 強アルカリ性温泉
ph10以上
アルカリ性温泉
ph8.5以上
ph10未満
弱アルカリ性泉
ph7.5以上
ph8.5未満
中性泉 中性温泉
ph6以上
ph7.5未満
酸性泉 強酸性温泉
ph2未満
酸性温泉
ph2以上ph3未満
弱酸性温泉
ph3以上ph6未満
● 浸透圧による分類
溶存物質総量(g/kg)凝固点
低張性 8未満-0.55℃以上
等張性 8以上10未満-0.55℃未満、-0.58℃以上
高張性 10以上-0.58℃未満