旅案内 たびあん

観光スポット 一覧

[ 頭文字 ]
1ページ 10件 [ 1/1 ] 並び順: [ 人気順 | 50音順 ]前の30件 | 次の20件
  • 頭塔

  • 頭塔
  • 奈良市高畑町921  

    方形七段の土塔でまるでアステカのピラミッドみたい。 インドのストゥーパの様式を伝える石積の塔。お水取りを初めて行った東大寺の僧実忠が国家安泰を祈って築いたといわれる。天平石仏が22…

  •  [ 神社 ]
  •  

  • 桜井市穴師  

    相撲の発祥地として知られる。 相撲の元祖、野見宿禰が當麻蹴速と力比べをしたという伝承から、相撲発祥の地といわれ、二人が勝負したと伝わる土俵跡がある。昭和37年10月には時津風理事長…

  •  [ 碑・像・塚・石仏群 | 歴史 ]
  •  

  • 天理市柳本町  

    崇神天皇の墓といわれる。 古くから山辺道勾岡上陵と呼ばれた、全長242mの巨大な前方後円墳。

  •  [ 神社 ]
  •  

  • 奈良市菅原町518  

    菅家の祖廟であり、菅原家発祥の地。 祭神は天穂日命・野見宿禰・菅原道真。菅原道真が牛に乗って大宰府に流されたという故事にちなみ、境内には牛の像七体を祀っている。道真生誕の地との説も…

  •  [ 神社 | 自然 | 桜 | 紅葉 | 花 ]
  •  

  • 吉野郡上北山村小橡  

    地元の氏神である水神を祀る。 祭神に天之水分(あめのみくまり)神と、国之水分神を祀り、1450年代(長禄年間)以前の創建と伝う。境内に植えられた「四季桜」の愛称の桜は、10月中旬か…

  •  [ 碑・像・塚・石仏群 | 歴史 ]
  •  

  • 北葛城郡広陵町三吉  

    馬見丘陵の中央部に位置する大型の前方後円墳。 古墳時代前期から中期への過渡期(4世紀末から5世紀初め)の前方後円墳。出土遺物は勾玉、管玉玉籠形土器など。1927年(昭和2年)周濠よ…

  • 昴の郷

  • 昴の郷
  • 吉野郡十津川村平谷909-4  

    大自然の中の温泉リゾート。敷地は約8000坪。十津川温泉の湯を引いた温泉プールと、源泉かけ流しの7種類の湯が楽しめる温泉保養館「星の湯」、それに「ホテル昂」がある。

  •  

  • 奈良市尼ケ辻西町  

    近鉄橿原線尼ヶ辻駅の西に広がる古墳。周囲に濠がめぐらされた、全長227mの大型前方後円墳で、第11代垂仁天皇の陵である菅原伏見東陵に治定されている。

  •  

  • 奈良市八島町  

    光仁天皇の皇子で、桓武天皇の皇太子であった早良親王の墓。その地位を奪われ、平安京遷都の前に淡路島へ流される途中、断食して没した悲劇の皇子として知られる。

  • 朱雀門

  •  

  • 奈良市佐紀町  

    平城宮の正門にあたる。現在の朱雀門は、平成10(1998)年に復元されたもの。二層式の重厚な朱塗りの門は、栄華を誇った平城京の壮麗な姿をうかがわせる。

 
ページトップ