閉じる

おすすめ観光スポット > 犬山城の詳細情報や口コミを掲載

犬山城 いぬやまじょう

 城 歴史  [ 日本百名城 ]定番スポット

犬山城のMyリスト追加

「木曽川の南岸にそそりたつ国宝の天守閣」

住所犬山市犬山北古券65-2
概要

1537年(天文6)、織田信康により築城。展望台からは濃尾平野を一望できる。木曽川沿いの小高い山の上に建てられた「後堅固(うしろけんご)の城」。

現在は天守のみが現存し、江戸時代までに建造された「現存天守12城」のひとつで、現存天守は国宝に指定された国宝四城(姫路城松本城彦根城・犬山城)にも選定されている。

※2015年5月16日、島根県の松江城が国宝指定され国宝天守は5城となりました。

荻生徂徠が李白の詩になぞらえ白帝城とたたえた城。

前身となる砦を織田信長の叔父である信康が改修して築いたものを石川光吉が改修し現在のような形となった。この際の建築用材は金山城の建物の一切を解体移築したという「金山越」の伝承がある。

犬山城の歴史

●天文6年(1537)、織田信長の叔父、織田信康によって木之下城より城郭を移して築城。

●天文16年(1547)、織田信秀が美濃(岐阜県)の斉藤氏を攻めた「稲葉山城攻め」に出陣した信康が死去し、その子織田信清が城主となるが、織田信長に反抗したため攻められ、織田信長の家臣で乳兄弟、池田恒興(いけだつねおき)が入城。

●天文16年(1547)、織田信秀が美濃(岐阜県)の斉藤氏を攻めた「稲葉山城攻め」に出陣した信康が死去し、その子織田信清が城主となるが、織田信長に反抗したため攻められ、織田信長の家臣で乳兄弟、池田恒興(いけだつねおき)が入城。

●天正10年(1582)「本能寺の変」後、織田信雄の配下の中川定成が城主となる。

●天正12年(1584) かつての犬山城主・池田恒興が突如、奇襲をかけ、信雄方から奪取する。これはまもなく小牧・長久手の戦いの引き金の1つとなる。戦後は再び織田信雄の城となるが、信雄失脚後は三好吉房などが城主を務める。

●その後、城主はめまぐるしく変わり、文禄4年(1595)秀吉の家臣石川光吉が城主に、慶長5年(1600)、関が原の合戦後、家康側の小笠原吉次が入城。

●1607年(慶長12年) 平岩親吉、親吉甥の吉範などが城主を務めた、以後江戸時代には尾張藩の付家老が入城し、成瀬正成(なるせまさなり)以来、成瀬氏9代が明治まで城主として居城。

現存する天守が建てられた年代については天文期説、慶長期説などがあるが、現在のような姿となったのは成瀬正成が改修した1617年(元和3年)ごろ。近年まで、城主であった成瀬家が個人所有する文化財であったが、現在は財団法人に譲渡されている。

営業時間9:00〜16:30(閉館17:00)
料金大人500円、小・中学生100円
休業日無休(12月29〜31日休)
駐車場あり(有料)1台500円
アクセス 公共交通名鉄犬山線犬山遊園駅から徒歩15分
最寄駅 >  犬山遊園駅(名鉄)~1.095km
公開サイトwww.inuyamajohb.org
犬山城 URL
問い合わせ犬山城管理事務所
TEL0568-61-1711
このページに関する情報のご利用にあたっては、ご利用者自身で事前にご確認下さい。
犬山城 1
犬山城 2
犬山城の投稿写真
犬山城  4

2015/07/03投稿者の写真編集

犬山城  3

2015/07/03投稿者の写真編集

犬山城  2

2015/07/03投稿者の写真編集

犬山城  1

2015/07/03投稿者の写真編集

 
犬山城の口コミ 新着
犬山城への書込み
評価5 5.0

現存する日本最古の木造天守閣(国宝)を見学してきました。急な階段を登り天守最上階へ・・見晴らしが良く絶景を堪能!

犬山城 1-1
犬山城 1-2
犬山城 1-3
    2015/07/03 [1]
口コミ 犬山城 のクチコミ情報の投稿や編集 [ 1件 ]