閉じる

岐阜県 > 高山・飛騨古川 > 高山市 >  新穂高ロープウェイ  > 戻る

新穂高ロープウェイ しんほだかろーぷうぇい

 紅葉 乗り物

新穂高ロープウェイのMyリスト追加

日本屈指の風光明媚なロープウェイ。

基本情報
新穂高ロープウェイ
穂高連峰の中腹、鍋平高原や西穂高口の千石園地ののどかな風景から笠ケ岳や槍ケ岳の勇姿を間近に望むロープウェイ。新穂高温泉から、第1ロープウェイで鍋平高原まで行き、第2ロープウェイに乗り換え、終点の西穂高口まで一気に上れる。ロープウェイは全長3200m、標高差1039mのスケールを誇る。第1は全面ガラス張り、第2は第2ロープウェイは日本初の二階建て構造のゴンドラのロープウェイで空中散歩が楽しめる。
住所高山市奥飛騨温泉郷新穂高
紅葉の種類ナナカマド、モミジ、シラカバ
紅葉見ごろ [ 紅葉時期 10月上旬〜10月下旬 ]
営業時間新穂高温泉上り8時30分始発〜西穂高口下り終発16時45分(8月1日〜8月第4日曜は7時〜17時15分)
料金片道1500円、往復2800円
休業日無休
駐車場あり
公開サイトshinhotaka-ropeway.jp
新穂高ロープウェイ URL
TEL0578-89-2252
このページに関する情報のご利用にあたっては、ご利用者自身で事前にご確認下さい。
新穂高ロープウェイ 2
新穂高ロープウェイ 3

レポート

2015年8月9日(日)岐阜県新穂高ロープウェイへ。

県道475号線を走行中、第1ロープウェイ駐車場満車の案内を見て、迷わず第2ロープウェイ駐車場へ向かう。駐車料金は600円。
白樺平駅(標高1308m)から西穂高口駅(標高2156m)への往復券は大人2800円。所要時間は7分20秒。

期間臨時便が出ており、定員も120名なので、待たずに乗れた。2階建てゴンドラは日本唯一だそうだ。

第2ロープウェイ乗り場駐車場。

少し歩いて登るビジターセンターがあり中には写真展。
  • 新穂高ロープウェイその1
  • 新穂高ロープウェイその2
  • 新穂高ロープウェイその3
雄大な北アルプスの四季折々の風景写真を堪能出来る。

新穂高ビジターセンターにはお土産と日帰り露天風呂もある。
  • 新穂高ロープウェイその4
  • 新穂高ロープウェイその5
  • 新穂高ロープウェイその6
  • 新穂高ロープウェイその7
  • 新穂高ロープウェイその8
  • 新穂高ロープウェイその9
新穂高ビジターセンターから、しらかば平駅まではすぐ。

この日はジャズの演奏会イベントが開催中。

  • 新穂高ロープウェイその10
  • 新穂高ロープウェイその11
  • 新穂高ロープウェイその12
食べたかった「わさびソフト」は第1ロープウェイ乗り場でしか売っていないので注意が必要。
  • 新穂高ロープウェイその13
  • 新穂高ロープウェイその14
  • 新穂高ロープウェイその15
少し休憩し飛騨牛の串焼き食べる、美味しかった。
  • 新穂高ロープウェイその16
  • 新穂高ロープウェイその17
切符売り場へ。

この日、ここ標高1300mでも30℃くらいあるんじゃないかという暑さ。

これから向かう、西穂高口駅のライブカメラの気温は18℃となっている。
  • 新穂高ロープウェイその18
  • 新穂高ロープウェイその19
  • 新穂高ロープウェイその20
少し待ち、ゴンドラの2階から乗り込む。

早めに並んだので後ろ向きで座席に座れた。
  • 新穂高ロープウェイその21
  • 新穂高ロープウェイその22
  • 新穂高ロープウェイその23
いざ出発、時速は約25kmにも及ぶ。
  • 新穂高ロープウェイその24
  • 新穂高ロープウェイその25
  • 新穂高ロープウェイその26
全長約2600m、みるみる上っていく。

初めて間近に見る北アルプスにテンションがあがる。
  • 新穂高ロープウェイその27
  • 新穂高ロープウェイその28
  • 新穂高ロープウェイその29
  • 新穂高ロープウェイその31
  • 新穂高ロープウェイその32
すれ違うのもあっという間である。

本当に雪が残っていた事にびっくり。

そうこうしているうちに7分ちょっとで到着。
  • 新穂高ロープウェイその33
  • 新穂高ロープウェイその35
  • 新穂高ロープウェイその36
  • 新穂高ロープウェイその37
涼を求め、18℃の世界へ、、
  • 新穂高ロープウェイその38
  • 新穂高ロープウェイその39
  • 新穂高ロープウェイその40
あれ、おかしい、普通に暑い。。

日差しが強いせいか。半袖でじゅうぶんである。
  • 新穂高ロープウェイその41
  • 新穂高ロープウェイその42
  • 新穂高ロープウェイその43
中央写真が、今から約100年前、大正時代の噴火で 大正池 をつくったといわれる焼岳2455m。

右写真は西穂高岳2909m。
  • 新穂高ロープウェイその44
  • 新穂高ロープウェイその45
  • 新穂高ロープウェイその46
  • 新穂高ロープウェイその48
  • 新穂高ロープウェイその49
日本一高いところにある郵便ポスト
日本一というと、富士山頂にあるポストだが、富士山のポストは冬になるとクローズしてしまう。よってオールシーズン利用可能なこの「山びこポスト」が、事実上の日本一という事で。


ポストのそばに居たスタッフに、左写真の右隅の小屋が見えるのは珍しい言われる。

この日は運が良かったらしい。
  • 新穂高ロープウェイその50
  • 新穂高ロープウェイその51
  • 新穂高ロープウェイその52
観光客の他、登山者も多いので食堂も賑やか。

この山頂売店限定品の雲海餅は、餡にえごまが入っていて、甘くて美味しかった。
  • 新穂高ロープウェイその53
  • 新穂高ロープウェイその54
  • 新穂高ロープウェイその55
  • 新穂高ロープウェイその56
  • 新穂高ロープウェイその57
  • 新穂高ロープウェイその58
高山植物。
  • 新穂高ロープウェイその59
  • 新穂高ロープウェイその60
  • 新穂高ロープウェイその61
西穂高口駅を離れ登山口まで散策。
  • 新穂高ロープウェイその62
  • 新穂高ロープウェイその63
  • 新穂高ロープウェイその64
日差しが強く暑いけど、日陰は蒸し暑さが無く気持ち良い。
  • 新穂高ロープウェイその65
  • 新穂高ロープウェイその66
  • 新穂高ロープウェイその67
お盆休み前半、重装備登山者が沢山。

2、3日かけて、ここからあちこち登り歩くと思われる。
  • 新穂高ロープウェイその68
  • 新穂高ロープウェイその69
  • 新穂高ロープウェイその70
西穂高口駅へ戻り、お土産を買う。
  • 新穂高ロープウェイその71
  • 新穂高ロープウェイその72
  • 新穂高ロープウェイその73
帰りは並んでいたので乗り場で少しだけ待った。
  • 新穂高ロープウェイその74
  • 新穂高ロープウェイその75
  • 新穂高ロープウェイその76
下りも後ろ向きの窓際を運よく確保。少しづつ雲が出始める。山の天気は変わりやすい。
  • 新穂高ロープウェイその77
  • 新穂高ロープウェイその78
  • 新穂高ロープウェイその79
  • 新穂高ロープウェイその81
あっという間に下界へ、といっても標高1300m。

蒸し暑さは無いが暑い。
  • 新穂高ロープウェイその83
  • 新穂高ロープウェイその84
  • 新穂高ロープウェイその85
ジャズを聴きながら足湯。

ビジターセンターを抜け、駐車場へ戻る。
  • 新穂高ロープウェイその86
  • 新穂高ロープウェイその87
  • 新穂高ロープウェイその88
  • 新穂高ロープウェイその89
天気が良く、眺めが良かった。また、雪が多く残る春先にでも来てみたいと思った。


投稿写真[5] 写真のご投稿

2017/08/29投稿者の写真編集 新穂高ロープウェイ  5

2017/08/29投稿者の写真編集 新穂高ロープウェイ  4

2017/08/29投稿者の写真編集 新穂高ロープウェイ  3

2017/08/29投稿者の写真編集 新穂高ロープウェイ  2

2017/08/29投稿者の写真編集 新穂高ロープウェイ  1