旅案内 たびあん

寒風陶芸会館 さぶかぜとうげいかいかん

 博物館・資料館 体験施設
寒風陶芸会館のMyリスト追加
出土品の展示のほか,土ひねりや絵付けができる陶芸教室を実施
基本情報
寒風地区は飛鳥から奈良、平安時代にかけて須恵器が焼かれていた場所。 わが国有数の須恵器があった寒風一帯を、 その優れた地域特性をいかした”陶芸の里”として整備。館内では出土品や焼物の歴史についての資料を展示。土ひねりや絵付けの体験ができる。全体は3つのゾーンに区分される。
住所瀬戸内市牛窓町長浜5092
営業時間9:00〜17:00(閉館)、体験は〜15:00
料金入館料 無料
土ひねり 900円〜(500g)
絵付け 900円〜
休業日月曜、祝日の翌日(月曜が祝日の場合、祝日の翌日が土・日曜の場合は開館、12月29日〜1月3日休)
駐車場あり(無料)普通車30台 バス5台
アクセス
公共交通
JR赤穂線邑久駅からタクシーで10分
アクセス 車山陽自動車道「備前IC」下車
公開サイトwww.sabukaze.com
問い合わせ寒風陶芸会館
TEL0869-34-5680
このページに関する情報のご利用にあたっては、ご利用者自身で事前にご確認下さい。
ページトップ