閉じる

おすすめ観光スポット > 西沢渓谷ハイキングの詳細情報や口コミを掲載

山梨県 > 勝沼・石和・西沢渓谷 > 山梨市 >  西沢渓谷ハイキング  > 戻る

西沢渓谷ハイキング にしざわけいこくはいきんぐ

2015年5月9日(土)埼玉県の雁坂トンネルを抜け、山梨県の西沢渓谷ハイキングへ。
ここには去年の11月に訪れたのだが、大雨の為断念、今回はそのリベンジで。
ゴールデンウィークも終わり、空いているだろうと言う考えで来たのだが午前10時、無料駐車場は結構埋っていた。
事前に調べ、1周およそ10km高低差280mのハイキングコースを小雨の降る中出発。ストックを持ち本格的な装備で望むハイカーも多し。
ここからすぐ近くの 「道の駅みとみ」 で軽食を取り、西沢渓谷無料駐車場に車を止め、午前10時10kmコースをスタート。
  • 西沢渓谷ハイキングその1
  • 西沢渓谷ハイキングその2
  • 西沢渓谷ハイキングその3
タイミング悪く少しパラパラ降って来たのでポンチョを被る。
ここ、バスでも来れる。国道140号の下、ゆるやかな登りを進む。
基本的には12月〜4月の間は閉山。
  • 西沢渓谷ハイキングその4
  • 西沢渓谷ハイキングその5
  • 西沢渓谷ハイキングその6
  • 西沢渓谷ハイキングその7
  • 西沢渓谷ハイキングその8
左は谷になっており、下には沢が。エメラルドグリーンが望める。
昭和57年8月の台風土砂崩れからの復旧の様子。
  • 西沢渓谷ハイキングその9
  • 西沢渓谷ハイキングその10
  • 西沢渓谷ハイキングその11
スタートして1kmほど行くと、トイレがありハイキングの準備をするスペースがある。
  • 西沢渓谷ハイキングその12
  • 西沢渓谷ハイキングその13
  • 西沢渓谷ハイキングその14
まずは、歩きやすいコース。
  • 西沢渓谷ハイキングその15
  • 西沢渓谷ハイキングその16
  • 西沢渓谷ハイキングその17
右には登山道、上級者向けか?
沢の水は凄く綺麗、案内板もわかりやすい。
  • 西沢渓谷ハイキングその18
  • 西沢渓谷ハイキングその19
  • 西沢渓谷ハイキングその20
たなべじゅうじさんの文学碑。
※以下Wikipediaより引用
田部重治:登山家として日本アルプス、秩父山地を歩き、1919年(大正8年)に『日本アルプスと秩父巡礼』を刊行、1930年(昭和5年)に『山と渓谷』として出版される。日本アルプスを偉大な山として、秩父山地を緑の渓谷美としてその魅力を表現した。
  • 西沢渓谷ハイキングその21
  • 西沢渓谷ハイキングその22
写真の説明パネルでは、西沢渓谷の水がエメラルドグリーンである理由について
------------
澄んだ渓流の水に光があたると、波長の短い青い光が散乱すると同時に、水中を通り抜けた光が水底の白い岩石(花崗閃緑岩)に反射して返ってきます。その間、赤い光は水にすべて吸収され、残った青や緑の光は水中で散乱するためエメラルドグリーンに見えるのです。この渓谷の水は、上流域の2千ヘクタールに及ぶ森林地帯に降った雨水が、豊かな森の土壌と花崗岩の砂礫できれいに濾過されたものです。また、ここにはイワナ・ハコネサンショウウオなどの水生生物が生息しています。
------------
と記してある。
  • 西沢渓谷ハイキングその23
  • 西沢渓谷ハイキングその24
  • 西沢渓谷ハイキングその25
いきなり吊り橋、テンションあがる。
  • 西沢渓谷ハイキングその26
  • 西沢渓谷ハイキングその27
  • 西沢渓谷ハイキングその28
国立公園なので道は整備されている。
  • 西沢渓谷ハイキングその29
  • 西沢渓谷ハイキングその30
  • 西沢渓谷ハイキングその31
最初の滝は、大久保の滝。こちらはいたってシンプル。
  • 西沢渓谷ハイキングその32
  • 西沢渓谷ハイキングその33
次は大迫力の、三重の滝。凄いエメラルドグリーンだ、深そう。
  • 西沢渓谷ハイキングその37
  • 西沢渓谷ハイキングその38
  • 西沢渓谷ハイキングその39
  • 西沢渓谷ハイキングその36
  • 西沢渓谷ハイキングその34
  • 西沢渓谷ハイキングその35
スタート時降りだした雨もすっかりあがり、この辺りから沢のすぐ脇の道を歩いていく。
  • 西沢渓谷ハイキングその40
  • 西沢渓谷ハイキングその41
  • 西沢渓谷ハイキングその42
人面洞。岩肌に自然が刻んだ模様が、人の顔に見えるところからその名が付いた様だが・・。
  • 西沢渓谷ハイキングその43
  • 西沢渓谷ハイキングその44
  • 西沢渓谷ハイキングその45
次は竜神の滝。mと言われているが、それほど高さは感じられない。
  • 西沢渓谷ハイキングその46
  • 西沢渓谷ハイキングその48
  • 西沢渓谷ハイキングその47
  • 西沢渓谷ハイキングその49
  • 西沢渓谷ハイキングその50
恋糸の滝。水量が少なく木の葉がくれに岩肌を糸を引いたように流れ落ちている滝。岩場に注意しながら登り、次は貞泉の滝。
  • 西沢渓谷ハイキングその51
  • 西沢渓谷ハイキングその52
  • 西沢渓谷ハイキングその53
  • 西沢渓谷ハイキングその54
  • 西沢渓谷ハイキングその56
これも大迫力、間近で見ることが出来る。
  • 西沢渓谷ハイキングその55
  • 西沢渓谷ハイキングその57
  • 西沢渓谷ハイキングその58
手が届く距離だが滑って落ちたらしゃれにならない。
鉄杭チェーンがなぎ倒されている。
  • 西沢渓谷ハイキングその59
  • 西沢渓谷ハイキングその60
  • 西沢渓谷ハイキングその61
沢沿いをまだまだ進む。
マイナスイオンと沢のせせらぎの音に心が癒される。コケも良い感じ。
  • 西沢渓谷ハイキングその62
  • 西沢渓谷ハイキングその63
  • 西沢渓谷ハイキングその67
母胎渕(歐穴)。沢の水が岩をうがって洞窟を作った自然現象。
  • 西沢渓谷ハイキングその68
  • 西沢渓谷ハイキングその69
  • 西沢渓谷ハイキングその70
カエル岩。3匹の親子ガエルが、重なっている様に見えるらしいが・・。
  • 西沢渓谷ハイキングその71
  • 西沢渓谷ハイキングその72
  • 西沢渓谷ハイキングその73
方杖橋。この橋を渡って急な登りを進むとハイキングコース随一の絶景が。下に方杖橋。残雪も。
  • 西沢渓谷ハイキングその75
  • 西沢渓谷ハイキングその76
  • 西沢渓谷ハイキングその77
  • 西沢渓谷ハイキングその78
  • 西沢渓谷ハイキングその80
七ツ釜五段の滝。
下の2段。
  • 西沢渓谷ハイキングその79
  • 西沢渓谷ハイキングその81
  • 西沢渓谷ハイキングその83
  • 西沢渓谷ハイキングその84
  • 西沢渓谷ハイキングその85
上の3段、あわせて5段。
足をとめてずっと見ていられる絶景。
  • 西沢渓谷ハイキングその86
  • 西沢渓谷ハイキングその87
ハイキングコースは、滝の周りをぐるりと半周する。
右手に滝で、さらに左上からも少量の水が流れてくる。すばらしい。
  • 西沢渓谷ハイキングその88
  • 西沢渓谷ハイキングその89
  • 西沢渓谷ハイキングその90
不動の滝、シャクナゲ群生地を経て、ハイキングコース折り返し地点へ。最後のキツイのぼり。
  • 西沢渓谷ハイキングその91
  • 西沢渓谷ハイキングその92
  • 西沢渓谷ハイキングその93
トイレがあり、ハイカー達がそれぞれ持参したランチを楽しむ。
  • 西沢渓谷ハイキングその94
  • 西沢渓谷ハイキングその95
  • 西沢渓谷ハイキングその96
標高1400m弱。残念ながら雨上がりの曇り空、すっきりとした景色は拝めず。
ここで初めてレールらしきものを目にする、その理由は後程明らかに。
  • 西沢渓谷ハイキングその97
  • 西沢渓谷ハイキングその98
  • 西沢渓谷ハイキングその99
ハイキングコースの帰路は、これからずっと緩やかな下りが続く。
  • 西沢渓谷ハイキングその100
  • 西沢渓谷ハイキングその101
  • 西沢渓谷ハイキングその102
方丈橋。方丈とは歩廊・主桁を支える斜めの部材を呼び、谷間など中間に支えを作れない場合に、つり橋・アーチ橋とともに多く見られる橋の形状である。
  • 西沢渓谷ハイキングその103
  • 西沢渓谷ハイキングその104
左手は谷、下の沢まで推定60m程度か。高い。
右手を見上げると、水が流れた形跡がある。下の沢まで続いている。
  • 西沢渓谷ハイキングその105
  • 西沢渓谷ハイキングその106
  • 西沢渓谷ハイキングその107
  • 西沢渓谷ハイキングその108
五つ渕。沢を見下ろすと「七つ釜五段の滝」が真下に見えることから、そう呼ばれる。
  • 西沢渓谷ハイキングその109
  • 西沢渓谷ハイキングその110
しゃくなげ橋。おしゃれな吊り橋である。この道の脇に積まれた石はいったい何なのだろうか?
  • 西沢渓谷ハイキングその111
  • 西沢渓谷ハイキングその112
  • 西沢渓谷ハイキングその113
  • 西沢渓谷ハイキングその114
  • 西沢渓谷ハイキングその115
ひこいっちゃんが死にかけた場所である。
芝生みたいなコケ?が岩から生えている。
  • 西沢渓谷ハイキングその116
  • 西沢渓谷ハイキングその117
  • 西沢渓谷ハイキングその118
崩れかけの橋。使用禁止だ。
めがね岩は意味がよくわからなかった。
  • 西沢渓谷ハイキングその119
  • 西沢渓谷ハイキングその120
  • 西沢渓谷ハイキングその121
大展望台。ちょっとした腰掛があり、ここで景色を眺めながら一休みするハイカーも多し。
  • 西沢渓谷ハイキングその122
  • 西沢渓谷ハイキングその123
  • 西沢渓谷ハイキングその124
「にしざわけいこくたのしいな」
おそらく小学生が書いたものであろう。
ほんとにたのしい。
  • 西沢渓谷ハイキングその125
  • 西沢渓谷ハイキングその126
ここで、折り返し地点にあったレールの説明。
このトロッコが通っていたもの。
昭和8年から昭和43年まで写真のように木材を運ぶ為に活躍していた。
全長36kmと言うから驚きだ。
  • 西沢渓谷ハイキングその127
  • 西沢渓谷ハイキングその128
  • 西沢渓谷ハイキングその129
西沢渓谷山の神。ハイキングコースもいよいよ終盤を迎える。
  • 西沢渓谷ハイキングその130
  • 西沢渓谷ハイキングその131
  • 西沢渓谷ハイキングその132
  • 西沢渓谷ハイキングその133
森林セラピー、たしかに癒される。
  • 西沢渓谷ハイキングその134
  • 西沢渓谷ハイキングその135
  • 西沢渓谷ハイキングその136
折り返し地点からの帰路は左写真のような歩きやすい道が続いた。ただし左手は常に崖が続いた。
バス停まで2kmの案内。
  • 西沢渓谷ハイキングその137
  • 西沢渓谷ハイキングその138
  • 西沢渓谷ハイキングその139
  • 西沢渓谷ハイキングその140
変わった土質だった。土砂崩れ現場か?
  • 西沢渓谷ハイキングその141
  • 西沢渓谷ハイキングその142
  • 西沢渓谷ハイキングその143
  • 西沢渓谷ハイキングその144
音取第一隧道、1987年3月竣工。使っていないのだろうか。最後に朽ちかけの吊り橋を発見。
  • 西沢渓谷ハイキングその145
  • 西沢渓谷ハイキングその146
  • 西沢渓谷ハイキングその147
  • 西沢渓谷ハイキングその148
div>
行きと帰り、コースの性質がまったく違っていた事に驚いた。
Tシャツ一枚で帰りは少し寒かったが、凄く良い所。
また、紅葉の時期の空いているであろう平日に来たい。