閉じる

おすすめ観光スポット > 富士山本宮浅間大社の詳細情報や口コミを掲載

静岡県 > 富士山周辺 > 富士宮市 >  富士山本宮浅間大社  > 戻る

富士山本宮浅間大社 ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ

2018年3月29日(木)お花見に行ってきました。
浅間大社のご神木が桜であるため、境内には約500本の桜が植えられています。
大鳥居と富士山。参道の両脇には満開の桜。参道から見た富士山と桜。
  • 大鳥居と富士山
  • 参道
  • 参道から見た富士山
楼門付近の様子。拝殿。
  • 楼門付近
  • 楼門
  • 拝殿
拝殿。「ご神木」のしだれ桜は、武田信玄公お手植えの桜の二代目です。
  • ご神木
  • 拝殿
  • 拝殿と桜
2014年4月2日(水)富士山本宮浅間大社へ行ってきました。
富士山本宮浅間大社は富士山を御神体としていて、本殿はこちらにありますが奥宮は富士山頂になっています。富士山南麓の富士宮市に本宮が、富士山頂に奥宮があり、富士山8合目以上は奥宮の境内地(ご神域)です。
ご神木でもある500本の桜が咲き、朱塗りの社殿を華やかに彩っていました。
富士山を祖山とするパワースポットとして有名です。
第二鳥居。富士山本宮浅間大社は「富士山−信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産としてついに、世界文化遺産に登録された富士山を御神体としています。
境内の案内図。参道正面には石鳥居が見えます。
  • 第二鳥居
  • 境内の案内図
  • 参道正面には石鳥居
石鳥居付近の風景です。
  • 石鳥居付近1
  • 石鳥居付近2
  • 石鳥居付近3
流鏑馬像。楼門前の鏡池。一名眼鏡池とも云われます。輪橋は大正4年御即位記念として石造りに改められたそうです。
  • 流鏑馬像
  • 楼門前の鏡池
  • 輪橋
輪橋から桜と楼門を見た風景。5月5日勇壮な神事流鏑馬式が執り行われる馬場から神幸橋(湧水池)方向を望む。西鳥居方向を望む。
  • 桜と楼門
  • 馬場から神幸橋(湧水池)方向
  • 西鳥居方向
楼門の全景。楼門前の石段上にある自然石は「鉾立石」と呼ばれ、明治初年まで行われていた山宮御神幸の際、神鉾を休め奉った所とのことです。左右脇に扉が付いた楼門。
  • 楼門の全景
  • 鉾立石
  • 楼門
手水舎。楼門。扁額は聖護院入道盈仁親王の御筆で文政2年に制作されたものです。
  • 手水舎
  • 楼門2
  • 扁額
楼門を通った左手には祈祷殿があります。右手には社務所。本殿左手にある満開の桜「ご神木」。
  • 祈祷殿
  • 社務所
  • 本殿左手にある満開の桜
拝殿。本殿右手にある満開の桜「ご神木」。このしだれ桜は、武田信玄公お手植えの桜の二代目です。本殿付近から楼門を見た様子です。
  • 拝殿
  • 武田信玄公お手植えのしだれ桜
  • 本殿付近から楼門を見た
裏手から本殿・拝殿を望む。本殿は徳川家康公の寄造営によるもので、二重の楼閣造で棟高45尺、浅間造りと称し他に例がない珍しい構造だそうです。
菅原道真を祭っている天神社がありました。神使(祭神の使者)とされ臥牛の像が置かれていました。
  • 裏手から本殿・拝殿
  • 天神社
  • 臥牛の像
桜の満開時期に訪れることができました。神田川ふれあい広場付近の様子です。
  • 満開の桜1
  • 満開の桜2
  • 満開の桜3
  • 神田川ふれあい広場付近 満開の桜
富士山本宮浅間大社の近くにはB1グランプリで優勝したB級グルメ、富士宮焼きそばのお店が沢山ありました。麺に特徴があり、少し太めで「もちもち」といった食感が楽しめます。
  • 富士宮焼きそばのお店
  • お宮横丁
  • 富士宮焼きそば
付近にある観光レポート
浅間大社 湧玉池
浅間大社 湧玉池1浅間大社 湧玉池2浅間大社 湧玉池3
富士山本宮浅間大社の境内にある1日約20万トンといわれる豊かな湧水。
白糸の滝(富士宮市)
白糸の滝(富士宮市)1白糸の滝(富士宮市)2白糸の滝(富士宮市)3
国の名勝及び天然記念物で日本の滝100選。
まかいの牧場
まかいの牧場1まかいの牧場2まかいの牧場3
朝霧高原にある自然と動物とふれあえる体験型の牧場。
富士本栖湖リゾート「富士芝桜まつり」
富士本栖湖リゾート1富士本栖湖リゾート2富士本栖湖リゾート3
首都圏最大級の約80万株の芝桜が富士山麗の広大な敷地に咲き誇る。

宿・ホテル 半径1.5 km以内