閉じる

おすすめ観光スポット > 金櫻神社の詳細情報や口コミを掲載

山梨県 > 甲府・昇仙峡 > 甲府市 >  金櫻神社  > 戻る

金櫻神社 かなざくらじんじゃ

2015年4月17日(金)金櫻神社へ行ってきました。
御岳金櫻神社は金峰山を御神体とした神社で、「日本三御嶽 三大霊場」の一つに数えられ、江戸時代から御岳講の信者でにぎわっていたそうです。金峰山山頂に奥宮があり、こちらは里宮にあたります。昭和30年に、室町期の東宮本殿はじめ12棟や伝左甚五郎作の昇竜降竜が焼失し、現在の朱塗社殿は昭和34年に再建されたものです。
日本水晶発祥の地で神宝は、昇仙峡で発掘され磨き出された水晶「火の玉・水の玉」とのことです。
参道入口の鳥居。手水舎。参道の様子。裏から見た四脚鳥居。駐車場のここから車で1分程度の所にあります。
  • 参道入口の鳥居
  • 手水舎
  • 参道の様子
  • 裏から見た四脚鳥居
駐車場付近にある西の鳥居前の様子。境内入口横にある御神水。
神水の由来:2000年の歴史の中1300年前に、吉野の蔵王権現を明治初年まで合祀したがその折、如来様の池として掘った水が延々と湧出している神水です...と説明板がありました。授与所。
  • 西の鳥居
  • 御神水
  • 授与所
表参道の階段下を見ると、2本の昇降龍の柱が建っています。社務所。招福大黒天。
  • 2本の昇降龍
  • 2本の昇降龍2
  • 社務所
  • 招福大黒天
武田家代々の祈願所でもある金櫻神社の拝殿。
  • 拝殿
  • 拝殿 左方向から
  • 水晶発祥の神社説明
御神木でもある「鬱金(うこん)の櫻」 4月下旬から5月上旬になると黄金色の大輪の花が見られます。本殿の柱には、初代左甚五郎作(伝)といわれる復元された水晶の玉を抱いた「昇り竜」がありました。反対側に「降龍」の彫刻があったとは・・下調べが足らなかった 残念!
  • 鬱金の櫻
  • 本殿
  • 昇竜
  • 昇り竜
付近にある観光レポート
夫婦木神社
夫婦木神社1夫婦木神社2夫婦木神社3
霊木と云われる夫婦木に祈願すれば子宝が授かると評判。
昇仙峡ロープウェイ
昇仙峡ロープウェイ1昇仙峡ロープウェイ2昇仙峡ロープウェイ3
パノラマ台からの眺望は絶景。富士山をはじめ、遠く南アルプス連峰を一望。
仙娥滝
仙娥滝1仙娥滝2仙娥滝3
花崗岩の岩肌を削りながら落下している滝で日本の滝100選。
武田神社
武田神社1武田神社2武田神社3
祭神を戦国時代の名将である武田信玄として祭る神社。
甲斐善光寺
甲斐善光寺1甲斐善光寺2甲斐善光寺3
金堂と山門の2つの重要文化財があることで有名な寺。
ほったらかし温泉
ほったらかし温泉1ほったらかし温泉2ほったらかし温泉3
富士を望み甲府盆地を見下ろす眺望と”星空が天井”と謳われる夜景が好評。