閉じる

おすすめ観光スポット > 北口本宮冨士浅間神社の詳細情報や口コミを掲載

山梨県 > 富士五湖・忍野・富士吉田 > 富士吉田市 >  北口本宮冨士浅間神社  > 戻る

北口本宮冨士浅間神社 きたぐちほんぐうふじせんげんじんじゃ

2015年4月3日(金)北口本宮冨士浅間神社へ行ってきました。
千九百年以上の歴史があり、富士登山道の入り口でもある霊峰・富士山のパワーを授かる神社です。須走口登山道、吉田口登山道などと共に、「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成要素「富士山域」の一部として、富士山世界遺産構成資産に登録されています。
日本三奇祭に数えられる有名な「鎮火祭」(火祭り)があることでも知られています。浅間神社からは、噴火する荒ぶる富士を表す御影(お山さん)、摂社の諏訪神社からは明神型神輿の「お明神さん」が担がれ、大松明(おおたいまつ) が焚き上げられ、金鳥居のある表通り(御師町)を中心に約80本が奉納されます。翌日には氏子たちの持つすすきの玉串を従えて神事を行った後、社に帰っていきます。
国道138号沿いに建つ鳥居。荘厳な雰囲気に包まれた参道。大鳥居銅装大改修の記念碑が鳥居そばにありました。
  • 大鳥居
  • 参道
  • 大鳥居銅装大改修の記念碑
参道には大きな石灯籠が並ぶ。「角行の立行石」は、富士講の開祖・長谷川(藤原)角行(1541〜1646)が富士を遥拝し極寒の中裸身で、この石の上に30日間爪立ちの荒行を行なったと伝えられているます。仁王門礎石、仁王門の跡で、明治初年の「神仏分離令」施行の際、門は撤去され礎石だけ残っています。
  • 石灯籠
  • 角行の立行石
  • 仁王門礎石
参道を振り返った様子。石灯籠が切れた辺り右手に鹿遊園があります。この鹿は、春日大社・三嶋大社から国体使者として託されたようです。
  • 参道2
  • 鹿遊園 入口
  • 鹿遊園 説明
  • 鹿遊園
大鳥居の前を流れる禊川。大鳥居と狛犬。禊川を渡りすぐ右側にお稲荷さんがあります
  • 禊川
  • 大鳥居
  • お稲荷さん
狛犬(右)、(左)。大鳥居(昭和27年再建)、日本武尊の故事に従い建立で高さ17.7メートルあり、朱塗りの両部鳥居(四脚鳥居)で木造の大きさでは日本一です。
  • 狛犬(右)
  • 狛犬(左)
  • 大鳥居 四脚鳥居
  • 大鳥居2
随神門には「冨嶽」と書かれた額が掲げられ、両側には、随身(随神)の像が置かれています。
  • 随神門
  • 扁額「冨嶽」
  • 随身(右)
  • 随身(左)
随神門を潜り左手に摂社の福地八幡社がありました。両部鳥居(四脚鳥居)をくぐり振り返った様子。授与所。神楽殿。
  • 福地八幡社
  • 両部鳥居(四脚鳥居)
  • 授与所
  • 神楽殿
随神門を手水舎方向から望む。手水舎、青龍の口から湧き出る霊水は1.6キロ程富士山へ登った泉水(泉瑞)から引かれています。
  • 手水舎方向から見た随神門
  • 手水舎
  • 青龍の口
  • 水舎高札
ヒノキの説明板。ご神木(天然記念物指定)「富士夫婦桧」。御水舎すぐ横にある、ご神木、「冨士太郎杉」
  • ヒノキの説明板
  • 富士夫婦桧
  • 冨士太郎杉
幣拝殿上部に配置された天狗の面・大きな鈴。本殿内部
  • 天狗の面
  • 大きな鈴
  • 拝殿内部
  • 本殿内部
元文4年(1739)村上光清師建立の幣拝殿。
  • 幣拝殿
  • 幣拝殿2
  • 神楽殿方向
元和元年(1615)鳥居土佐守創建の本殿。現在の本殿は1615年(元和元年)に再建、1688年(貞享5年)に社殿を造修。49-50-51
  • 本殿 東側
  • 本殿 北西側
  • 本殿 西側
本殿の説明。夫婦うめ。夫婦うめの隣にはあるのは「冨士太郎杉」。スギの説明。
  • 本殿の説明
  • 夫婦うめ
  • 冨士太郎杉
  • スギの説明
武田信玄が再建した社殿が現存する中では最も古く、現本殿の東側にある東宮本殿。祭神・天津彦火瓊々杵命は、富士権現と呼ばれている。貞応2年(1223)北条義時創建、永禄4年(1561)武田信玄造営。武田信玄が上杉謙信との川中島の合戦の際に、勝利を願って参拝もしています。
えびす社(本殿の裏側)、富士山に向かって収められ、鯛を抱えているえびす様は、日光東照宮の彫刻で有名な左 甚五郎 の作と伝えられています。
  • 東宮本殿
  • 東宮本殿の説明
  • 富士えびす
  • えびす社
西宮本殿、文禄3年(1594)浅野左衛門佐建立。西宮本殿の説明。日之御子大神、少名彦名命、倭四柱社、日枝社、日隆社、愛宕社、天津神社、国津神社、天満宮が並んでいます。
  • 西宮本殿
  • 西宮本殿の説明
  • 天満宮など
登山道入口の「登山門」(鳥居)をくぐると、富士講の講者たちによって建てられた石碑が並び、富士講の開祖・角行(かくぎょう)、中興の祖・村上光清(むらかみこうせい)、富士山八合目の烏帽子岩で入定した食行身録(じきぎょうみろく)を祀る「祖霊社」があります。
  • 登山門
  • 石碑
  • 石碑2
  • 祖霊社
小御岳神社遥拝祠。神馬舎にいた白馬。富士山方向を見て左が、三殿社・秋葉社・厳島社・疱瘡社で、右に、三神社・八坂社・春日社・東照宮があります。諏訪神社に向かって右手にある子安社。
  • 小御岳神社遥拝祠
  • 白馬
  • 諏訪神社付近
  • 子安社
北口本宮冨士浅間神社、境内の様子。諏訪神社、創建未詳で地主神と伝わる。社中に「諏訪の森」が位置し、諏訪神社の鎮座地に浅間神社を勧請したとも云われています。
  • 境内の様子
  • 諏訪神社
  • 諏訪神社2
諏訪神社。右に大神輿、左に御影(お山さん)が奉安してある。
  • 諏訪神社3
  • 大神輿
  • 御影
付近にある観光レポート
忍野八海
忍野八海1忍野八海2忍野八海3
富士山からの伏流水に水源を発するといわれる八つの湧水池。
花の都公園
花の都公園1花の都公園2花の都公園3
富士山からの伏流水に水源を発するといわれる八つの湧水池。
六角堂
六角堂1六角堂2六角堂3
溶岩の浮島上に史跡「川窪寺屋敷」の保存施設として、木造平屋建の「六角堂」を建築。

宿・ホテル 半径1.5 km以内