• お問い合わせ

二荒山神社中宮祠

goTop

MYリスト

おすすめ観光スポット > 二荒山神社中宮祠の詳細情報や口コミを掲載

栃木県の観光 > 日光・鬼怒川の観光 > 日光市の観光 >  二荒山神社中宮祠  > 戻る

二荒山神社中宮祠のデータを編集
  文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

奥日光の霊場で、日光の氏神様。

名称 二荒山神社中宮祠 [ふたらさんじんじゃちゅうぐうし]
住所日光市中宮祠2484
概要1200年以上前、勝道上人が男体山頂を極め、二荒山大神を祀ったのが始まりといわれる。
御社殿は三社に分かれており、男体山山頂に奥宮、山内(市内)に本社がある。
重要文化財に指定された朱塗りの社殿。
宝物館には、日本一大きな刀「祢々切丸」をはじめ、男体山出土品、国宝、重要文化財が展示されている。
営業時間8:00〜17:00(11〜3月は9:00〜16:00)
料金宝物館入館料 大人300円、小人150円
休業日無休
駐車場あり(無料)
公開サイトhttp://www.futarasan.jp/index.shtml
TEL0288-55-0017
日の出・日没時刻2017年6月25日 日出:4時18分 日没:19時13分
[ 標高1269.00m 付近(周辺地図アイコンマーク地点)]

このページに関する情報のご利用にあたっては、ご利用者自身で事前にご確認下さい。




二荒山神社中宮祠の投稿写真
 
二荒山神社中宮祠  12
2017/04/14投稿者の写真編集
 
二荒山神社中宮祠  11
2017/04/14投稿者の写真編集
 
二荒山神社中宮祠  10
2017/04/14投稿者の写真編集
 
二荒山神社中宮祠  9
2017/04/14投稿者の写真編集
 
二荒山神社中宮祠  8
2017/04/14投稿者の写真編集
 
 
二荒山神社中宮祠  7
2017/04/14投稿者の写真編集
 
二荒山神社中宮祠  6
2017/04/14投稿者の写真編集
 
二荒山神社中宮祠  5
2017/04/14投稿者の写真編集
 
二荒山神社中宮祠  4
2017/04/14投稿者の写真編集
 
二荒山神社中宮祠  3
2017/04/14投稿者の写真編集
 
 

二荒山神社中宮祠の写真 をもっと見る

 二荒山神社中宮祠の写真を投稿する

− ルート案内と距離表示
スタート地点とエンド地点を上の地図上でクリック!
・マーカーをドラッグして移動したり地図上をクリック(3点目)で情報が更新されます。
移動手段 移動距離 直線距離
レポート:2016年10月27日(木)二荒山神社中宮祠へ行ってきました。
男体山の山頂にある二荒山神社奥宮と、二荒山本社(日光市内)の中間にあるので中宮祠と呼ばれています。ユネスコの世界遺産に「日光の社寺」の構成資産の1つとして登録され、古くは「男体中宮」「男体権現」「中禅寺権現」と称された古刹。
中禅寺湖近くにある鳥居。参道両脇には立派な杉の木。
中禅寺湖鳥居立派な杉の木
神門。奥日光の奇石・牛石。
神門牛石牛石説明
神門の先に景色のいい空間が広がる。社務所前。
景色が綺麗中禅寺湖と紅葉社務所
門の背後に見えるのが、男体山。手水舎。
男体山手水舎手水舎2
手水舎の反対側には中宮祠稲荷神社があります。頭上に鯉の彫刻。
中宮祠稲荷神社二荒山神社中宮祠入口鯉の彫刻
神楽殿。拝殿。
神楽殿拝殿につづく拝殿正面
拝殿右側の紅葉が綺麗。拝殿右手より拝殿を見た様子。男体山登拝受付・御朱印受付所。
拝殿右側の紅葉拝殿右手より拝殿男体山登拝受付・御朱印受付所
拝殿の左側に、山の霊を鎮めている「山霊宮(やまのみや)」が鎮座しています。拝殿左手より拝殿を見た様子。
山霊宮拝殿左手より拝殿を望む紅葉
さざれ石。恵比寿神。毘沙門天。
さざれ石恵比寿神毘沙門天
拝殿の奥にある本殿。登拝口鳥居(重要文化財)の先に登拝門があります。入り口の登拝門は開山時(5月5日-10月25日)のみ門が開く
本殿登拝口鳥居登拝門
幸運の杜入口。木札がぶら下がっています
幸運の杜入口木札1木札2木札3
幸運神社。かわけら割りで厄落とし・・・・
幸運神社カワラケ割り厄落とし
御神籤で「危うい」が出て、厄落としにカワラケ割りをしたが皿が割れず...お守りを買った!
お守り