• お問い合わせ

円覚寺 寺院 紅葉 パワースポット

goTop

MYリスト

おすすめ観光スポット > 円覚寺の詳細情報や口コミを掲載

円覚寺のデータを編集
  文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

鎌倉五山第二位 円覚寺

名称 円覚寺 [えんがくじ]
住所鎌倉市山ノ内409
概要弘安5年(1282)鎌倉時代後期、北条時宗が宋(中国)から招いた無学祖元(むがくそげん)を開山として創建された臨済宗の寺。 鎌倉五山第二位。

JR北鎌倉駅の駅前に円覚寺の総門があり、境内には現在も禅僧が修行をしている道場がある。
毎週土曜・日曜日には、一般の人も参加できる土日坐禅会が実施されている。かつて夏目漱石や島崎藤村も参禅したことでも知られている。
営業時間拝観時間 8時〜17時(4月〜10月)8時〜16時(11月〜3月)
料金拝観料 300円
駐車場駐車場 25台
アクセス 公共交通最寄駅 >  北鎌倉駅(JR)〜707m 
アクセス 車最寄IC >  朝比奈IC(横浜横須賀道路)〜7.108km  釜利谷JCT(横浜横須賀道路) 
公開サイトhttp://www.engakuji.or.jp/
円覚寺 URL
日の出・日没時刻2017年6月25日 日出:4時27分 日没:19時2分
[ 標高38.10m 付近(周辺地図アイコンマーク地点)]

このページに関する情報のご利用にあたっては、ご利用者自身で事前にご確認下さい。



円覚寺の投稿写真
 
円覚寺  6
2015/12/14投稿者の写真編集
 
円覚寺  5
2015/12/14投稿者の写真編集
 
円覚寺  4
2015/12/14投稿者の写真編集
 
円覚寺  3
2015/12/14投稿者の写真編集
 
円覚寺  2
2015/12/14投稿者の写真編集
 
 
円覚寺  1
2015/12/14投稿者の写真編集
   
 
 円覚寺の写真を投稿する

− ルート案内と距離表示
スタート地点とエンド地点を上の地図上でクリック!
・マーカーをドラッグして移動したり地図上をクリック(3点目)で情報が更新されます。
移動手段 移動距離 直線距離
レポート:2017年4月6日(木)円覚寺へ行ってきました。
春の円覚寺。山門。
春の円覚寺春の円覚寺境内山門
境内案内図。開基廟。
境内案内図円覚寺案内開基廟
黄梅院の境内「聖観音堂」。境内の桜。桜と唐門。
聖観音堂境内の桜桜と唐門
仏日庵内に植えられた多羅葉。御朱印「仏日庵」「円覚寺」
多羅葉御朱印「仏日庵」御朱印「円覚寺」
レポート:2015年12月4日(金)円覚寺へ行ってきました。
建長寺とともに鎌倉禅宗を代表する存在で鎌倉最大級の寺院です。山門、仏殿、方丈、洪鐘(国宝)等々見所も多い寺院でした。
円覚寺入口。総門へ続く石段付近の紅葉が綺麗!
円覚寺入口総門へ続く石段総門
総門から振り返った風景。拝観券 料金は大人一人300円。円覚寺の案内図。
総門付近拝観受付拝観券円覚寺の案内図
入って直ぐ左手にある桂昌庵。正面には立派な山門。山門(三門)の説明板。この三門は、明治時代の文豪・夏目漱石の小説「門」にも登場しています。
桂昌庵山門山門(三門)の説明板
山門をくぐると仏殿が見えてきました。この中に本尊さまが安座されています。仏殿の説明板。大正12年(1923)の関東大震災で倒壊、のち昭和39年(1964)に再建されたそうです。
仏殿方向仏殿仏殿の説明板
仏殿内の様子。天井には白龍の図(前田青邨監修、守屋多々志揮毫)が描かれています。宝冠釈迦如来坐像。丈六の釈迦如来像は、廬舎那仏ともいわれ、頭の部分だけが鎌倉時代に作られたものとのことです。脇侍は梵天と帝釈天といわれています。
仏殿内白龍の図宝冠釈迦如来坐像
境内(山門の右手方向奥)には国宝に指定された「洪鐘」(おおがね)があります。
この石鳥居をくぐり石段を登って行きます。「洪鐘」は鎌倉で最大の梵鐘(総高259.4センチメートル、口径142センチメートル)で建長寺の梵鐘とともに国宝に指定されています。
石鳥居石段洪鐘洪鐘2
洪鐘は円覚寺の開基である北条時宗の子である貞時が正安3年(1301)、国家安泰を祈願して寄進したものだそうです。洪鐘の隣には弁財天を祀るお堂がありました。江ノ島弁財天の加護によって洪鐘の鋳造が完成したと伝えられているそうです。
洪鐘3お堂大弁財天 扁額弁財天さま
仏殿付近の紅葉風景。参道風景。
仏殿付近の紅葉参道
仏殿の右手の先方向に方丈の正門(唐門)があります。唐門は天保十年 (1839) の建立。方丈に安置されている石仏「百観音」。
方丈の正門百観音の説明百観音
方丈(本来は住職が居住する建物、現在は各種法要の他、坐禅会などに利用されているそうです)
方丈方丈内方丈説明板
ご本尊さま・釈迦牟尼坐像。廊下から外の庭を眺めた風景。外から庭を眺めた風景。
方丈 釈迦牟尼坐像方丈 外の庭方丈 外から庭
妙香池と紅葉。正続院入口。正続院入口から正続院 唐門を望む。通常は非公開されているの「仏舎利殿」屋根が見えます。仏舎利殿には、お釈迦様のお歯をお祀り「佛牙舎利」してあるそうです。
妙香池と紅葉正続院入口正続院 唐門を望む
北条時宗の廟所「仏日庵」。この白鹿洞から白鹿が群れをなして出てきて、無学祖元の法話を聞いたと伝わる。白鹿洞の説明。
仏日庵白鹿洞白鹿洞の説明
境内の一番奥にある黄梅院(おうばいいん)入口。黄梅院は観応2年(1351年)に示寂した第15世夢窓疎石の塔所で、文和3年(1354年)に弟子の方外宏遠によって創設。
黄梅院の掲示板「じぶんにはきびしく ひとにはやさしく この二つを丹田に打ち込むのだ」揮毫されたものを月初めに貼り替えているようです。
黄梅院黄梅院 掲示板黄梅院の説明
黄梅院の境内にある聖観音堂。天気に恵まれ紅葉も綺麗・・・拝観日和でした!
聖観音堂紅葉と青空