• お問い合わせ

長谷寺(長谷観音) 寺院 紅葉 パワースポット

goTop

MYリスト

おすすめ観光スポット > 長谷寺(長谷観音)の詳細情報や口コミを掲載

神奈川県のパワースポット >  長谷寺(長谷観音)  > 戻る

長谷寺(長谷観音)のデータを編集
  文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

見晴らし台から海が望める

名称 長谷寺(長谷観音) [はせでら はせかんのん]
住所鎌倉市長谷 3-11-2
概要創建年 奈良時代(8世紀前半)とされ長谷観音と通称される。本尊は十一面観音(木造仏では東長寺の福岡大仏に次ぐ大きさで9.18m)、開基(創立者)は道明上人とされ、坂東三十三箇所観音霊場の第四番札所であり、日本でも有数の観音霊場として知られる。
眺望散策路の周辺には40種類以上約2500株のアジサイが群生しており、梅雨の季節には眺望はもとより「アジサイの径(こみち)」として散策も楽める。
重要文化財の梵鐘があり、鎌倉七福神の一つ大黒天・・出世開運(大国主命と習合して民間信仰に浸透した仏教の守護神。)が祀られている。

鎌倉七福神:本覚寺(恵比寿天)、長谷寺(大黒天)、鶴岡八幡宮・旗上弁財天社(弁財天)、宝戒寺(毘沙門天)、浄智寺(布袋尊)、御霊神社(福禄寿)、妙隆寺(寿老人)の七人の福徳の神のこと。
鎌倉・江の島七福神(8箇所)とする場合に、江島弁財天を祀る江島神社奉安殿が加えられます。
紅葉の種類モミジ、イチョウ、ケヤキ
紅葉見ごろ [ 紅葉時期 11月中旬〜12月中旬 ]
営業時間夏時間(3月〜9月)8:00〜17:00
冬時間(10月〜2月)8:00〜16:30
料金拝観料 300円(小人100円)
宝物館は無料
駐車場あり有料 普通車 30台(30分300円) 大型車 4台(30分1000円)
アクセス 公共交通江ノ電長谷駅から徒歩10分
最寄駅 >  長谷駅(江ノ島電鉄)〜331m 
アクセス 車最寄IC >  朝比奈IC(横浜横須賀道路)〜7.393km  葉山町長柄IC(逗葉新道) 
公開サイトhttp://www.hasedera.jp/
問い合わせ長谷寺(長谷観音)
TEL0467-22-6300
日の出・日没時刻2017年6月25日 日出:4時29分 日没:19時1分
[ 標高0.20m 付近(周辺地図アイコンマーク地点)]

このページに関する情報のご利用にあたっては、ご利用者自身で事前にご確認下さい。



 長谷寺(長谷観音)の写真を投稿する

− ルート案内と距離表示
スタート地点とエンド地点を上の地図上でクリック!
・マーカーをドラッグして移動したり地図上をクリック(3点目)で情報が更新されます。
移動手段 移動距離 直線距離
レポート:2017年4月6日(木)長谷寺(長谷観音)へ行ってきました。
観音霊場として著名な大和の長谷寺の十一面観音像と同木から造られたという十一面観音は一見の価値あり!奈良の長谷寺の観音像と同じで、右手に数珠と錫杖、左手に水瓶を持つ。
山門には大きな提灯が・・・。良縁地蔵。布袋様 (長谷寺は江ノ島七福神では大黒様。)
山門良縁地蔵布袋様
右手が阿弥陀堂(阿弥陀如来)、左手が日本最大級(高さ9.18mあり木造では日本一と言われる)の木造観音を安置する観音堂。本尊である十一面観世音菩薩には圧巻!!
鎌倉幕府初代将軍の源頼朝が、自身の42歳の厄除けのために建立したものと言われてる阿弥陀堂内に安置される阿弥陀如来。
阿弥陀堂・観音堂阿弥陀如来
桜と観音堂。あいにくの天気でしたが、相模湾の雄大な眺望が広がる見晴台。
桜と観音堂見晴台
地蔵堂の横にある卍池(まんじいけ)。季節の花が綺麗!和み地蔵
まんじいけ季節の花和み地蔵